ウッドデッキの素材の種類はいろいろあります。
まず大きく分類すると、天然木と樹脂製の人工材木に分類する事が出来ます。
そして天然木であっても、木の種類によって、料金や強度、耐久性、耐腐朽性などが変わってきます。

天然木はさらに、ハードウッドとソフトウッドの2種類のタイプに分類されます。
ハードウッドは、密度が高く、耐久性に優れているものの、堅くて重く加工しづらい素材です、
ソフトウッドは、柔らかく加工はしやすいものの、耐久性は低いので、防腐剤の注入が必要となります。

ウッドデッキによく用いられるのは、「ウエスタン・レッドシダ―」「イペ」「ウリン」「セランガンバツ」などです。
材木名を聞いても選ぶ基準がよく分かりませんよね。
なので、それぞれの特徴を簡単に紹介します。

「ウエスタン・レッドシダ―」は、耐久性と耐水性に優れ、ウッドデッキに適した材木です。
木自体も軽量で加工しやすくなっています。

「イペ」は、耐久性と耐腐朽性に優れ、見た目も木目が美しいので、ビジュアル重視の人にオススメです。
「ウリン」は、耐水性に優れ、狂いが少ない材木です。

「セランガンバツ」は、耐久性、耐水性に優れていて、屋外で使用しても20年以上腐らない素材です。
しかもハードウッドの中では、比較的安価で、加工しやすいと言えます。

あと天然木に、防腐剤などを注入する事で、耐用年数を伸ばす事も可能です。
天然木を使用する場合、耐久性の高い材木を選んだ場合でも、しっかりメンテナンスを行うようにして下さい。

樹脂製の人工材木って何?と思う人もいるかもしれません。
樹脂製の人工材木とは、樹脂と木粉を混ぜ合わせて成形した素材の事です。
樹脂を混ぜ合わせる事で、天然材木と比べて、耐久性、耐水性、耐腐朽性にも優れています。

また天然材木の場合は、直射日光や温度差でウッドデッキに、ひびが入ったり割れてしまったりする事があります。
それに子供が小さいと、ささくれで怪我する心配もありますが、樹脂製の人工材木の場合はその心配がありません。

あと、天然材木に見せかけるために、リアルな木目の模様や溝を表現した、樹脂製の人工材木も存在します。
ですがせっかく樹脂製の人工材木はカラーバリエーションも豊富なので、好きな色のウッドデッキを設置するのも楽しいですよね。

ちなみに樹脂製の人工材木に関しては、メーカーによって、混ぜ合わせている素材の構成が異なります。
そのため品質は商品によって、大きく異なるため注意して下さい。

紹介した素材以外にも、いろいろな素材が存在しています。
ウッドデッキの素材は、使用目的や使用年数、予算などを考慮して、選ぶようにして下さい。